樹木葬が人気になっている理由

昔は、大家族で暮らす家が多かったので、亡くなった時には先祖の墓に入るのが当たり前の時代がありましたが、いまは違います。

核家族化しているということと、子供のいない夫婦も増えていて、自分がなくなっても、墓を維持する人がいないということが問題になっているのです。



また、墓を受け継ぐものはいても、今後子供や孫にお墓に縛られた生き方をさせたくないと思う人もいます。

それは自分たちがお墓で苦労したという経験がある人ほど、孫子にまで負担をかけたくないという考え方になっていくのです。
そこでいま人気になっているのが樹木葬という墓地です。

朝日新聞の最新情報を紹介します。

樹木葬というのは、墓地として認可されている場所で行われる樹木をお墓とする埋葬の仕方をいいます。

樹木がお墓になっているということで、埋葬されてからは通常のお墓のように管理するのが大変ということもないです。
費用も通常の墓石よりもずっと安いですし、「自然に還る」という考え方の人も多く、自分がなくなったときには好きな樹木の下で眠りたいと考える人も増えているため、多くのかたに人気になっているのです。

共同墓地のようになっていて、その周辺に樹木が植えられている場合もありますし、自分の遺骨の上に1本1本の樹木を植えるタイプなど、樹木葬といってもそれは、その墓地によってタイプがいろいろありますし、費用もさまざまです。

茨城の樹木葬全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

ですから興味があるかたは自分で調べて自分がどのように埋葬してほしいのかを知ったうえで申し込むといいのです。